▶︎海外FX最強口座は
レバレッジ無制限(最大21億倍)のExness

Exnessの評判14件から分かる安全性や意外な扱いやすさ ※体験談あり

Exnessの評判14件から分かる安全性や意外な稼ぎやすさ ※体験談あり

レバレッジ無制限で有名なExnessですが、業界トップクラスに狭いスプレッドや高い約定力、億を稼いでも出金拒否されない信頼性も評判です。

2022年4月には2万円から億り人になったトレーダー、同年11月にはゴールド取引で2億円を稼いだトレーダーも登場し、ますますExnessハイレバトレードへの挑戦者が殺到しています。

日本のみならず全世界のFX業者の中で取引量No.1に輝いたExness

実際にExnessを使っているトレーダーは口座スペックや入出金についてどう感じているのか、評判や口コミ、そして管理人自らの体験談をお伝えしていきます。

Exnessの評価
信頼性・安全性
 (5)
レバレッジ
 (5)
スプレッド
 (4.5)
約定力
 (4)
ボーナス
 (0)
総合評価
 (4.5)

海外FX業者の評価基準について

タロー・K
タロー・K

海外FXで現行最強の口座スペックじゃな。

1,000ドル(約14万円)以下の少額から始めたい方はスタンダード口座、14万円以上の資金があり取引コストが安くて約定力も高い口座を使いたい方にはゼロ口座が最適です。

どちらもExness最大の強みであるレバレッジ無制限を利用できます。

\取引開始まで最短3分!/

▶︎Exnessで口座開設する

※公式サイト:https://www.exness.com/ja/

Exnessの口座開設手順が不安な方は「Exnessの口座開設方法」のページを参考にしてください。画像を見ながら同じように進めていけば、最短180秒で取引開始できます。

Exnessの評判まとめ

Exnessはレバレッジ無制限という業界唯一の強みを持ち、どうしても一か八かのギャンブルトレードとしての使い道を想定されがちです。

しかし、実際には適切なレバレッジの掛け方を知りハイレバトレードを攻略できれば、数万円の資金から数百万円の利益を戦略的に目指せる業者です。

まずは、少額からミリオンを達成したトレーダーの実例をいくつかご紹介します。

少額からミリオン達成

出典:Twitter「Babyぐるーと(@snonwmak13)」
出典:Twitter「けいご(@keigo19bit)」
出典:Twitter「のなめ(@noname102211)」

このようにExnessのレバレッジ無制限を活かせば数万円から100万円以上の利益を稼ぐというのは十分に現実的な話です。

では、現実的にExnessで100万円以上の利益を稼ぐ上で最低限知っておきたいExnessのリアルをトレーダーの口コミをもとにまとめていきます。

口座タイプによって約定力にムラあり

Exnessの約定力は業界平均と比べればどの口座タイプも十分高い方です。

ただし短期のスキャルピングをする場合には口座タイプにこだわった方が稼ぎやすくなります。

特に資金が1,000ドル(約14万円)以上あり秒スキャをしたい方は約定力がずば抜けて高いゼロ口座一択になるでしょう。

出典:Twitter「えふえっくす悟(@Fxgogogogo)」
出典:Twitter「まいきてゃ(@xxx_xanny_)」

他の業者から移動してきたユーザーにとってはプロ口座も十分約定力が高いと感じられるようです。

一方でExnessのプロ口座とゼロ口座の両方を使って比較した方からはゼロ口座の方が有利との評価を受けています。

出典:Twitter「タマ(@tamatama_fx)」
出典:Twitter「えふえっくす剛(@fx_gogogo)」

口座タイプによって約定力に差があるのは約定方式の違いが理由です。

プロ口座は即時約定、ゼロ口座では成行約定を採用しています。

口座タイププロ口座ゼロ口座
約定方式即時約定
※仮想通貨は成行
成行約定
特徴指値価格で約定するか、
約定できなければ注文を返却
価格がいくらでも、
注文が通った時点の価格で約定
メリット約定が速い注文が通りやすい
デメリット約定拒否されやすく
注文が通らないことも
(リクオート)
滑りやすく
狙った価格から離れやすい
(スリッページ)
評判からわかる約定力まずまず高い
スプレッド広い1日のうち95%の時間で
上位30銘柄が0pips
取引手数料なしあり
トータル取引コスト安い高い
ドル円実質コスト
(スプレッド+取引手数料)
0.7pips
(0.7+0)
0.7pips
(0+0.7)
ゴールド実質コスト
(スプレッド+取引手数料)
1.25pips
(1.25+0)
1.6pips
(0+1.6)
プロ口座とゼロ口座の比較

約定力ではゼロ口座の方が有利ですが、単純な取引コストの安さを比較するとプロ口座の方が有利です。

このため、スキャルピングをしたい方はゼロ口座、デイトレードなどで取引コストを抑えたい方はプロ口座を選ぶのが良いでしょう。

また、Exnessでは全口座タイプに共通して約定がしづらくなるタイミングや発注の仕方があります。

Exnessの約定に関する注意点

・指標発表前後はレバレッジ200倍に制限、かつサーバーが不安定
・15ロット以上は約定遅延や約定拒否が起こりやすい
・相場急変時はスプレッド拡大や約定不備が起こりやすい

指標発表前後はそもそもExnessの強みであるレバレッジ無制限を活かせないので他の業者を利用しましょう。

Exnessでは平常時にトレードするのがベストです。

また、1ポジションあたり15ロット以上の大口取引は約定遅延などの原因となります。

出典:Twitter「ぶるすな(@BlueSnyaiper)」

小さなロットを複数に分けてエントリーすると狙い通りにトレードしやすくなりますよ!

入金方法が限られている

約定力の他には「Exnessは入金方法が癖あり」との口コミや評判が多いです。

というのも、Exnessの日本人ユーザーはクレジットカード・デビットカードの入金に利用できる銘柄がJCBのみとなります。

出典:Twitter「信用全力ちゃん(@ZenryokuMan)」

JCB以外のカードで入金しようとすると「このカードは選択された通貨に対応しておりません。」と表示されてしまいます。

VISAやMastercardなどのカード会社を利用している方は、銀行振込を使うかBitwalletを通してクレジットカード入金しましょう。

銀行振込の場合、取引口座に入金が反映されるまで最短で15分、最大で24時間、これまでの経験としては平均して2,3時間程度です。

入金方法は「Offline Bank transfer」を選びましょう。「Offline Bank transfer #2」を選ぶと最大で5日程度入金反映までにかかってしまいます。

また、オンラインウォレットサービスの「Bitwallet」はどこの海外FX業者でも使えるので開設しておいて損はありません。

JCB以外のクレジットカードを利用したい方はBitwalletアカウントを開設して一度Bitwalletに入金した上で、BitwalletからExnessに入金しましょう。

MEMO
※Bitwalletを開設する際はExnessで口座開設した上でBitwalletの連携を行なってください。

\取引開始まで最短3分!/

▶︎Exnessで口座開設する

※公式サイト:https://www.exness.com/ja/

高額利益でも出金拒否なし

Exnessは高額の利益を稼いでも出金拒否される心配がなく、安心してトレードに集中できるだけの実績があるとの評判もあります。

実際に1億円〜3億円単位の資金を平然と入出金している方も。

出典:Twitter「ハーン(@haan_fx)」

Exnessは世界中のFX業者の中で取引量がNo.1に輝くほどのユーザーを抱える業者で、顧客の数ほど出金実績も豊富であることが伺えます。

実際にExnessでは億単位の資金が出金拒否されていないので、数百万円程度であれば疑いの余地なく安全に出金できるでしょう。

ただし、業者が規定している取引規約に違反した場合はどこの業者でも出金拒否や口座凍結の対象となります。

Exnessは業界内でもひときわ規制のゆるい業者ですが、以下の点には注意して取引しましょう。

注意
【Exnessの禁止事項】
・サーバーエラーやレート遅延を意図的に利用した取引
・自己アフィリエイト(自己IB)による取引
・人工知能(AI活用の)分析ソフトの使用
・他人のやり取りの妨害
・ウィルスなどによるシステム妨害
・不正なアクセス
・マネーロンダリング

基本的にルールの抜け穴を探したり不正に利益を得ようとする行為はせず、一般的なトレードをしている分には問題ありません。

低スプレッド×ハイレバのスキャルピングが最強

Exnessのスキャルピングは現行最強の口座スペックとの評判が集まり、Twitterの海外FX界隈ではExnessユーザーの勢力が日に日に増しているのを感じています。

特にXMやGEMFOREXなど初心者向けの業者から海外FXをスタートし、いよいよ本当に口座スペックにこだわるべきだと気付きだしたトレーダーにとっては絶好の引越し先になっているようです。

決め手はやはりレバレッジ無制限ですが、加えて業界トップクラスに狭いスプレッドも大きな魅力の1つ。

出典:Twitter「ちゃっぱさん(@mar_tama2014)」

低スプレッドと高いレバレッジを組み合わせたハイレバスキャルピングで、他の業者では真似できない最強効率の短期トレードが実現します。

Exnessでのスキャルピングの特徴や賢い使い方について、詳しくは当サイト別ページを参考にしてください。

専用アプリの一括決済ボタンが便利

Exnessの専用スマホアプリにはMT4やMT5にはない複数ポジションの一括決済機能があり、めちゃくちゃ便利です。

一括決済の精度も高く、PCでわざわざEA(自動売買)を設定するよりも遅延なく同時決済できると評判。

出典:Twitter「Taki(@Taki_fx)」

ナンピンやピラミッティングでポジションが複数に分かれがちな人にとってはかなり役立つ機能ですね。

他にも、スマホでトレードしていて複数ポジションの決済に時間がかかりストレスを感じていた人もいるかもしれません。

スマホアプリで一括決済できれば外出先でも相場急変があればボタン1つで逃げられますし、ローソク足のヒゲの先端で全ポジション決済できれば利益を最大化できます。

一括決済は他の海外FX業者にはないExness独自の機能です。

ボーナスがなくてもスペックで総合No.1

最後に、Exnessユーザーの口コミ・評判からわかるExnessの総合評価をまとめます。

結論、Exnessにはボーナスがないものの、その分スプレッドや入出金対応、スワップ、日本語サポートの手厚さなどをひっくるめて現状では総合No.1業者であるとの評価が多く見られました。

出典:Twitter「たいゆん(@FXOL13)」
出典:Twitter「えふえっくす剛(@fx_gogogo)」

海外FXで現状No.1との呼び声高いExness。

まずは少額からでも自分自身で体験してみてはいかがでしょうか。

\取引開始まで最短3分!/

▶︎Exnessで口座開設する

※公式サイト:https://www.exness.com/ja/

Exnessの口座タイプ比較(スプレッド・取引手数料・約定力)

Exnessには5つの口座タイプがあります。

初回入金額の制限なく使えるのがスタンダード口座、スタンダードセント口座です。

それ以外のプロ向け口座では初回の最低入金額が1,000ドル(約14万円)からとなっています。

各口座ではスプレッドや取引手数料を含めた取引コストや約定方式の違いによる約定力に違いがあります。

それぞれの違いを以下の表にまとめました。

スタンダード口座ゼロ口座プロ口座ロースプレッド口座スタンダードセント口座
最大レバレッジ無制限無制限無制限無制限無制限
ドル円
取引コスト
(スプレッド
+取引手数料)
1.1pips0.7pips
(0+0.7)
0.7pips0.7pips
(0+0.7)
1.1pips
ポンド円
取引コスト
(スプレッド
+取引手数料)
2.0pips1.5pips
(0+1.5)
1.2pips1.1pips
(0.4+0.7)
2.0pips
ゴールド
取引コスト
(スプレッド
+取引手数料)
2.0pips1.6pips
(0+1.6)
1.25pips1.35pips
(0.63+0.7)
2.0pips
約定方式成行約定成行約定即時約定成行約定成行約定
約定力高い高い不満あり高い高い
ロスカット水準0%0%0%0%0%
初回最低入金額10ドル1,000ドル1,000ドル1,000ドル10ドル
1ロット取引単位10万通貨10万通貨10万通貨10万通貨1,000通貨
Exnessの口座タイプ比較表

少額からハイレバトレードにチャレンジしたい方にはスタンダード口座がおすすめです。

Exnessはスタンダード口座のスプレッドでさえ業界トップクラスに狭く扱いやすいのが魅力です。

もちろん全口座タイプでレバレッジ無制限のトレードが出来ます。

もしも資金に余裕があり、初回入金額1,000ドルの入金ができる方にはゼロ口座をおすすめしています。

Exnessユーザーの中でも取引コストや約定力にうるさいスキャルピングトレーダーの方々からも絶賛されている口座です。

単純な取引コストだけで比較するとプロ口座が強いですが、約定力には難ありとの口コミが散見されます。

Exnessで最強の口座を使いたいならゼロ口座がベストでしょう。

レバレッジ無制限の裏技的使い方 ※Exness公認

※前提:これからご紹介するテクニックはExnessの禁止事項には抵触しません。

Exnessのレバレッジ無制限を使えば少額資金でも大きなロットでトレードして爆益を狙うこともできます。

一撃100万円の利益も夢ではありませんし、実際に数万円から一撃100万円を何度も成功させているトレーダーも少なくありません。

ただし、Exnessのベテラントレーダーたちはギャンブルにたまたま勝って稼いでいる訳ではないんです。

レバレッジ無制限による爆益の裏にはちゃんとした戦略があります。

レバレッジ無制限の裏技的使い方とは、簡単に言えば少額資金でのゼロカット前提ハイレバトレードです。

まずはメインの取引口座の他にお財布用のサブ口座を追加作成します。

ExnessではMT4で100口座、MT5で100口座、合計200口座まで取引口座を作成できます。

取引に使える資金の全額をサブ用の口座に入金します。

サブ口座のお金はゲームでいうところのHPみたいなものです。

サブ口座に入金した金額のうち5分の1の金額をメイン口座に資金移動します。

何分の1の金額をメイン口座に移すかは好みで変えてください。

5分の1の場合は5回までハイレバトレードのチャンスがあるイメージです。

メイン口座にある分割資金を使ってハイレバトレードをします。

例えば1万円の資金でトレードする場合、以下のpips幅の逆行でロスカットとなります。

ドル円0.5ロット:20pips(スプレッド込みで約18pips)逆行でロスカ
ドル円1ロット:10pips(スプレッド込みで約8pips)逆行でロスカ

ハイレバトレードの取引銘柄はローソク足のヒゲが短いドル円がおすすめです。

ゼロカットされたら同じ資金額をサブ口座からメイン口座に移して再度ハイレバトレードをします。

Exnessではゼロカットシステムが採用されているため、1トレードあたりの損失はメイン口座に入れてある分割資金のみです。

利益が出た場合、1トレードごとに利益分をメイン口座からサブ口座に移します。

毎回のトレードの初めは常に同じ口座残高になるようにします。

1トレードごとの利益で口座残高を2倍以上にすることを目指してください。

ハイレバトレードなので負けるトレードも必ずあります。

ポイントは勝てるトレードでどこまで利益を伸ばせるかです。

このようにメインの取引口座に入金する資金額を調節することで負けた場合の損失額を限定できます。

その上で、Exness独自のレバレッジ無制限によって勝ちトレードの利益は青天井です。

例えば1万円の資金で0.5ロットでエントリーする場合、20pipsの逆行でロスカットになりますが、反対に20pips利幅が取れればそれだけで1万円の利益。つまり資金を2倍に出来ます

40pipsの利幅で資金は3倍、60pipsで4倍です。

ちょっとした工夫で「レバレッジ無制限」という諸刃の剣になりそうな武器をうまく使いこなせるようになります。

\取引開始まで最短3分!/

▶︎早速裏ワザを試してみる

※公式サイト:https://www.exness.com/ja/

関連記事:Exnessレバレッジ無制限の解放条件と変更方法 ズル賢い使い方も伝授

Exnessに関するよくある質問

Exnessの最大ポジション数は?
Exnessの最大ポジション数は、MT4が1,000ポジション、MT5が無制限です。
Exnessの最大ロット数は?
Exnessの1ポジションあたりの最大ロット数は以下の通り。

・日本時間16時00分〜5時59分まで最大200ロット
・日本時間6時00分〜15時59分まで最大20ロット

大口取引をしたい場合は複数ポジションで分割エントリーすることで200ロット(20ロット)以上の取引が可能です。
Exnessのゴールドの最大レバレッジは?
Exnessではゴールドもレバレッジ無制限で取引できます。
Exnessで入金反映されないのはなぜ?
土日やExnessの休業日には入金処理が行われないため、翌営業日から処理が開始されます。
このため最大で5営業日ほど入金反映までにかかる場合もあります。
あまりにも反映が遅い場合にはサポートセンターへ問い合わせてみてください。
Exnessはクレジットカード入金できない?
Exnessのクレジットカード/デビットカード入金ではJCBカードのみ対応しています。
クレカを使って入金したい場合はBitwalletのアカウントを開設し、Bitwallet経由で入金するのがおすすめです。
Exnessでおすすめの入金方法は?
JCBカードかBitwalletなら入金が即時反映されるため、好きなタイミングでトレードできて便利です。
銀行振込でも経験上では2~3時間ほどで口座に反映されています。
Exnessの銀行入金は反映までどれぐらいかかる?
最短15分、最大で24時間、経験上では平均して2~3時間ほどで反映されます。
銀行振込の場合は「Offline Bank transfer」を選びましょう。
誤って「Offline Bank transfer #2」を選んだ場合は入金反映までに最大で5営業日ほどかかることもあります。
Exnessの最低入金額は?
Exnessでは最低10ドル(約1,400円)から入金可能です。
また、スタンダード口座以外を利用したい場合、初回の最低入金額は1,000ドル(約14万円)となります。
2回目以降は10ドルから入金可能です。
Exnessの出金手数料はいくら?
Exnessでは出金手数料がかかりません。
ただし、銀行振込で出金する場合には指定した銀行側で手数料が発生することがあります。

注意
当サイトで提供する情報は特定のFX会社への勧誘を目的とするものではありません。申込みにあたり各業者の利用規約をご確認の上、ご自身でご判断ください。また、当サイトで提供する情報は日本国内に居住している方を対象としたものではありません。本ページのいかなる情報により生じた損失に対しても当社は責任を負いません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です